ITパスポート 平成30年春期 問38

問38

オンラインモールを運営するITサービス提供者が,ショップのオーナとSLAで合意する内容として,適切なものはどれか。
  • アプリケーション監視のためのソフトウェア開発の外部委託及びその納期
  • オンラインサービスの計画停止を休日夜間に行うこと
  • オンラインモールの利用者への新しい決済サービスの公表
  • 障害復旧時間を短縮するためにPDCAサイクルを通してプロセスを改善すること

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメント

正解

解説

SLA(Service Level Agreement)は、ITサービスの提供者と利用者の間で交わされる、サービスの品質保証に関する合意、若しくはそれを明文化した契約文書のことです。

SLAに記載する主な事項には以下のようなものがあります。
  1. サービス品目
  2. サービス要件
  3. SLA評価項目
  4. SLA設定値、報告要件、ペナルティ等のSLA評価項目関連項目
計画停止のタイミングや方法は、サービスの可用性にかかわる事項なのでSLAに記載すべき内容です。原則として、メンテナンス用による計画停止時間はサービス停止時間からは除かれますが、その停止計画が利用者の事業計画上、障害となることが無いことを確認し合意しておくことや、計画停止の停止予定の事前通知の取り決めなどをSLAに記載しておくことが望まれます。よって「イ」が適切です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop