ITパスポート平成30年春期 問82

問82

JPCERTコーディネーションセンターと情報処理推進機構(IPA)が共同運営するJVN(Japan Vulnerability Notes)で,"JVN#12345678"などの形式の識別子を付けて管理している情報はどれか。
  • OSSのライセンスに関する情報
  • ウイルス対策ソフトの定義ファイルの最新バージョン情報
  • 工業製品や測定方法などの規格
  • ソフトウェアなどの脆弱性関連情報とその対策

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理

正解

解説

JVN(Japan Vulnerability Notes)は、日本で使用されているソフトウェアなどの脆弱性関連情報とその対策情報を提供し、情報セキュリティ対策に資することを目的とする脆弱性対策情報ポータルサイトです。
JVNが公開している"JVN#12345678"などの番号は脆弱性識別番号と呼ばれ、脆弱性情報ごとに一意に割り振られます。JVNのWebサイトでは、脆弱性情報ごとに概要、影響を受けるシステム、詳細情報、想定される影響、対策方法などを閲覧できます。またJVN iPediaでは、脆弱性情報をデータベースから検索できるようになっています。

したがって「エ」が正解です。

参考URL: JVN https://jvn.jp/
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop