ITパスポート平成31年春期 問10

問10

企業経営で用いられるベンチマーキングの説明として,適切なものはどれか。
  • PDCAサイクルを適用して,ビジネスプロセスの継続的な改善を図ること
  • 改善を行う際に,比較や分析の対象とする最も優れた事例のこと
  • 競合他社に対する優位性を確保するための独自のスキルや技術のこと
  • 自社の製品やサービスを測定し,他社の優れたそれらと比較すること

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

経営戦略におけるベンチマーキングは、自社の製品・サービス及びプロセスを定量的・定性的に測定し、それを業界で最も成功を収めている企業(ベスト企業)のものと比較し、そのギャップを把握する分析手法です。分析により明らかになったギャップを埋めるために、ベスト企業のベストプラクティスを参考に業務改善を進めていきます。

したがって「エ」が正解です。
  • BPM(Business Process Management)の説明です。
  • ベストプラクティスの説明です。
  • コアコンピタンスの説明です。
  • 正しい。ベンチマーキングの説明です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop