ITパスポート平成31年春期 問31

問31

EA(Enterprise Architecture)で用いられる,現状とあるべき姿を比較して課題を明確にする分析手法はどれか。
  • ギャップ分析
  • コアコンピタンス分析
  • バリューチェーン分析
  • パレート分析

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 情報システム戦略

正解

解説

EA(エンタープライズアーキテクチャ)では、最初に現状を分析した現状モデル(As-Is)を整理し、目標とする理想モデル(To-Be)を描き、最後に現状と理想目標を比較した現実的な次期モデルを作成します。
この現状モデルと理想モデルの差異を把握するときに用いられる手法がギャップ分析です。ギャップ分析はEAに限定されず、理想と現実の差異を把握し、理想に到達するために必要な課題を抽出する方法として広く使われています。
  • 正しい。ギャップ分析は、理想と現実の差異を分析する手法です。
  • コアコンピタンス分析は、市場競争力の源泉となっている自社独自の強みを分析する手法です。
  • バリューチェーン分析は、業務を主活動と支援活動に分類して、製品の付加価値がどの部分で生み出されているかを分析する手法です。
  • パレート分析は、パレート図を用いて分析対象の中から重点的に管理すべき要素を明らかにする手法です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop