ITパスポート平成31年春期 問5

問5

既存市場と新市場,既存製品と新製品でできるマトリックスの四つのセルに企業の成長戦略を表す市場開発戦略,市場浸透戦略,製品開発戦略,多角化戦略を位置付けるとき,市場浸透戦略が佐置付けられるのはどのセルか。
05.gif/image-size:334×77

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » マーケティング

正解

解説

設問の分析手法は「アンゾフの成長マトリクス」と呼ばれるものです。

アンゾフの成長マトリクスは、経営学者のH・イゴール・アンゾフ(H. Igor Ansoff)が示したもので、縦軸に「市場」、横軸に「製品」を取り、それぞれ「既存」「新規」の2区分を設け、4象限(市場浸透,新製品開発,新市場開拓,多角化)のマトリクスとしたものです。どんな市場にどんな製品・サービスを投入していけば、事業が成長・発展できるのかを検討するのに有効なフレームワークとなっています。
05a.gif/image-size:252×261
市場浸透戦略は、広告・宣伝を強化するなどして、他社のマーケットシェアを奪ったり、自社の優良顧客を増やしたりすることで成長を図る戦略であり、既存製品既存市場に投入する際に選択すべきものです。したがって「A」のセルに位置付けられます。

なお、他の3つの戦略の概要は以下の通りです。
製品開発(新規製品・既存市場)
現在の顧客や市場に対して、新機能をつけた製品や新規開発製品を提案することで成長を図る戦略
市場開拓(既存製品・新規市場)
現在の製品を、今までとは異なる顧客や市場に販売することで成長を図る戦略
多角化(新規製品・新規市場)
技術開発、業務提携、M&Aなどで、現在の事業と関係のない新しい分野に進出することで成長を図る戦略
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop