ITパスポート平成31年春期 問73

問73

LTEよりも通信速度が高速なだけではなく,より多くの端末が接続でき,通信の遅延も少ないという特徴をもつ移動通信システムはどれか。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

5G(ファイブジー)は、次世代の携帯電話の通信規格であり、4G(LTE)の次世代に当たる第5世代移動通信システムのことです。2020年の実現を目指し、世界各国で取組みが進められています。

5Gは、4Gよりも高速化が実現されるほか、「多数同時接続」「超低遅延」といった特徴を持っています。
多数同時接続
基地局1台から同時に接続できる端末が従来に比べて飛躍的に増える
超低遅延
通信ネットワークにおける遅延(タイムラグ)を極めて小さく抑えられる
総務省のWebサイトでは、5Gの特徴として以下のような例が紹介されています。
  • 超高速 … 2時間の映画を3秒でダウンロード
  • 超低遅延 … ロボット等の精微な操作をリアルタイム通信で実現
  • 多数同時接続 … 自宅部屋内の約100個の端末・センサがネットに接続
5Gが実用化されれば、大きな社会的インパクトがあると期待されています。
  • ブロックチェーンは、"ブロック"と呼ばれる幾つかの取引データをまとめた単位をハッシュ関数で鎖のように繋ぐことによって、台帳を形成し、P2Pネットワークで管理する技術です。分散型台帳技術とも呼ばれます。
  • Mobile Virtual Network Operatorの略。自身では無線通信回線設備を保有せず、ドコモやau、ソフトバンクといった電気通信事業者の回線を間借りして、移動通信サービスを提供する事業者のことです。
  • 8Kは、フルハイビジョン(2K)や4Kを超える超高画質の次世代映像規格です。8Kの画素数は、7680×4320ドットで4K(3840×2160)の4倍です。横のドット数がおよそ8000ドットなので8Kと呼ばれます。2018年12月から、4K及び8Kの実用放送である新4K8K放送が始まっています。
  • 正しい。
参考URL: 総務省:(2)5Gの特徴
 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd133420.html
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop