ITパスポート試験 用語辞典

ピクトグラム【Pictogram】
情報を言葉ではなくシンプルな絵で伝える視覚記号である。言語を使わずに世界中の人が理解できるよう、1964年の東京オリンピックの際に生まれた。一目で表現内容が分かるように、伝える対象をとにかくシンプルにし、少ない配色で表現されるのが特徴である。

代表的なものとして、非常口や禁煙を表すピクトグラムや、各種障害のある人を表す車椅子マークが挙げられる。日常ではトイレや駅、公共施設の案内などにおいて見つけることが可能だ。統計学においては、グラフを数値ではなく絵の個数で表すような形でピクトグラムが用いられることがある。ピクトグラムと似たものとして、アイコンが挙げられる。両者の違いは明確ではないが、前者がシンプルであるのに対し後者はシンプルだけじゃなく複雑なものまで存在する点が異なる。ピクトグラムはアイコンの一部といってもよい。
分野:
テクノロジ系 » 情報デザイン » インタフェース設計
(シラバスver5.0)
重要度:
「インタフェース設計」に属する用語
「情報デザイン」の他の分野
「テクノロジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop