ITパスポート試験 用語辞典

VDI【Virtual Desktop Infrastructure】ぶいでぃーあい
サーバ内にクライアントごとの仮想マシンを用意して仮想デスクトップ環境を構築する技術のこと。クライアントPCにデータが保存されないのでセキュリティが高まる。

ユーザが使うローカル端末内にOSやアプリケーションをおかず、ローカル端末側で行う処理をサーバ側で行う仕組みである。複数のユーザごとのデスクトップ環境が仮想化されて、サーバ上でまとめて稼働する。ローカル端末には、サーバ上で実行されているデスクトップ環境の画面だけが転送されるので、ローカル端末にはデータが保管されず、セキュリティが堅牢になる。OSやアプリケーションがサーバ上で一元管理されるため、システム管理者がローカル端末の管理をしなくて済むのもメリットである。インターネットに接続できれば、ユーザはどこからでも自分のデスクトップ環境へログインできるため、テレワークに役立つ。
別名:
仮想デスクトップ基盤/デスクトップ仮想化
分野:
テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成
(シラバスver5.0)
重要度:
「システムの構成」に属する用語
「システム構成要素」の他の分野
「テクノロジ系」の他のカテゴリ
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop