ITパスポート令和元年秋期 問45

問45

会計システムの開発を受託した会社が,顧客と打合せを行って,必要な決算書の種類や,会計データの確定から決算書類の出力までの処理時間の目標値を明確にした。この作業を実施するのに適切な工程はどれか。
  • システムテスト
  • システム要件定義
  • ソフトウェア詳細設計
  • ソフトウェア方式設計

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

設問の事例で明確にしている「必要な決算書の種類」や「処理時間の目標値」は、完成後の情報システムに求められる機能や性能です。システムに求められる要件を明らかにするために、開発するシステムの具体的な利用方法について分析し、システムの機能や能力、安全性やセキュリティ、システムテストの項目などを決定する工程を「システム要件定義」といい、開発プロセスの最初に実施します。

システム要件定義では次のようなものを決定します。
  1. システム化目標、対象範囲
  2. システムの機能及び能力、ライフサイクル
  3. 業務、組織及び利用者の要件
  4. 信頼性、安全性、セキュリティ、人間工学、インターフェース、操作及び保守要件
  5. 設置条件及び適格性確認要件
  • システムテストは、開発したシステムが要件を満しているかどうかを検証するために行われるテストです。システム要件定義に定められた機能や能力がすべて備わっているかを確認します。
  • 正しい。システム要件定義はシステムに要求される機能や性能などを明確にする工程です。
  • ソフトウェア詳細設計は、ソフトウェア部品についてコーディング、コンパイル及びテストを実施するレベルまでの詳細設計を行う工程です。
  • ソフトウェア方式設計は、ソフトウェア要件を実現するためのソフトウェア部品(モジュールともいう)の構成を決定する工程です。
45.gif/image-size:545×219
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop