ITパスポート令和元年秋期 問49

問49

アジャイル開発の特徴として,適切なものはどれか。
  • 各工程間の情報はドキュメントによって引き継がれるので,開発全体の進捗が把握しやすい。
  • 各工程でプロトタイピングを実施するので,潜在している問題や要求を見つけ出すことができる。
  • 段階的に開発を進めるので,最後の工程で不具合が発生すると,遡って修正が発生し,手戻り作業が多くなる。
  • ドキュメントの作成よりもソフトウェアの作成を優先し,変化する顧客の要望を素早く取り入れることができる。

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

アジャイル開発は、顧客の要求に応じて、迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法の総称です。スクラム開発やXP(エクストリームプログラミング)がアジャイル開発のフレームワークとして有名です。アジャイル(Agile)には「俊敏な」や「すばやい」といった意味があります。
  • 本肢はウォータフォール型開発の特徴です。仕様書を詳細に作り込むほど変更コストが大きくなるので、柔軟な計画変更を前提とするアジャイル開発では詳細なドキュメントは要求されません。また、必要のないドキュメントは作成されません。
  • 開発の初期段階でプロトタイプを作成することはありますが、工程ごとに実施することはありません。各工程でプロトタイプを作成するのでは開発効率が落ちてしまいます。
  • 本肢はウォータフォール型開発の特徴です。アジャイル開発は柔軟な計画変更を前提としているので、ウォータフォール型の開発モデルと比較して手戻り作業のリスクが抑えられています。
  • 正しい。アジャイル開発では、無駄なドキュメントを作成するよりもソフトウェアの開発を優先します。憶測や誤解が生じやすいドキュメントによるコミュニケーションではなく、顧客に実際に動くソフトウェアの形を提示することで、要望や修正を素早く確実に取り入れます。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop