ITパスポート令和2年秋期 問10

問10

IoTに関する事例として,最も適切なものはどれか。

  • インターネット上に自分のプロファイルを公開し,コミュニケーションの輸を広げる。
  • インターネット上の店舗や通信販売のWebサイトにおいて,ある商品を検索すると,類似商品の広告が表示される。
  • 学校などにおける授業や講義をあらかじめ録画し,インターネットで配信する。
  • 発電設備の運転状況をインターネット経由で遠隔監視し,発電設備の性能管理,不具合の予兆検知及び補修対応に役立てる。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » IoTシステム・組込みシステム

正解

解説

IoT(Internet of Things,モノのインターネット)は、情報端末ではない電子機器や機械類などの「モノ」にインターネット接続・通信機能やセンサ機能を持たせ、収集した情報を処理したり蓄積したりすることで、"監視"、"制御"、"最適化"、"自律化"などの新たな付加価値を得る仕組みです。

IoTでは、情報機器でない「モノ」が直接インターネットに繋がるということがポイントとなります。「ア」「イ」「ウ」はPC等の情報機器をインターネットに繋げて得られる効果ですが、「エ」だけは情報機器ではない発電設備にインターネット通信機能を持たせています。よって、これがIoTの事例として適切です。
  • SNSの事例です。
  • 検索結果連動広告やターゲティング広告の事例です。
  • eラーニングの事例です。
  • 正しい。発電設備の各所にセンサを取り付け、運転状況を遠隔で把握できるようにしているのでIoTの事例です。
© 2009-2020 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop