ITパスポート令和2年秋期 問11

問11

あるレストランでは,受付時に来店した客の名前を来店客リストに記入し,座席案内時に来店客リストと空席状況の両方を参照している。この一連の業務をDFDで表現したものとして,最も適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

DFD(Data Flow Diagram)は、データの流れに着目して、その対象となる業務のデータの流れと処理の関係をわかりやすく図式化する構造化分析の手法で、以下の記号を用いて記述します。
11.gif/image-size:277×237
設問の業務を分析すると次のデータフローが存在することがわかります。
  • 受付時に来店客の名前を来店客リストに記入
    →"受付"処理から"来店客リスト"にデータが流れる
  • 座席案内時に来店客リストと空席状況の両方を参照している
    →"座席案内"処理が"来店客リスト"と"空席状況"に存在するデータを取得するので、"来店客リスト"と"空席状況"から"座席案内"処理にデータが流れる
したがって、"受付"処理から"来店客リスト"に向けた矢印(データフロー)が1つ、"来店客リスト"と"空席状況"から"座席案内"処理に向けた矢印が1本ずつの計3本の矢印が必要です。これを正しく記述しているDFDは「エ」です。
© 2009-2020 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop