オリジナル予想問題2 問12

問12

下請法の目的として適切な記述はどれか。
  • 下請け業者に委託された仕事完成を義務付ける。
  • 下請け業者の過失が原因で発生した損害から発注元業者を保護する。
  • 下請け代金の支払いを適切に確保することにより、下請け業者の利益を保護する。
  • 発注元業者に対して、下請け業者に対する監督責任を義務付ける。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 労働関連・取引関連法規

正解

解説

下請法は、正式名称を「下請代金支払遅延等防止法」といい親事業者による下請け業者への優越的地位の乱用行為を取りしまるために制定された法律です。この法律には、"下請け代金の支払い確保"のほかにも親事業者の遵守事項などが条文化されており、親事業者の下請事業者に対する取引を公正に行わせることで、下請け業者の利益を保護することを目的としています。

下請法の規制対象となる取引は、その委託される内容によっても条件が定められています。「製造委託」「修理委託」「情報成果物委託」「役務提供委託」と大きく分けて4つの取引内容に大別されていて、その適用対象となる取引は多岐にわたります。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop