ITパスポート令和3年春期 問33

問33

コンピュータシステム開発の外部への発注において,発注金額の確定後に請負契約を締結した。契約後,支払までに発注側と受注側の間で交わされる書類の組合せのうち,適切なものはどれか。ここで,契約内容の変更はないものとする。
  • 提案書,納品書,検収書
  • 提案書,見積書,請求書
  • 納品書,検収書,請求書
  • 見積書,納品書,請求書

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 調達計画・実施

正解

解説

システムを外部開発する際の基本的な流れは次のとおりです。
33.gif/image-size:369×392
設問では、請負契約を締結した後ですので、契約締結前に発行される提案書と見積書は対象外です。

請負契約が成立すると、受注側はシステム完成に向けて作業を開始します。その後、受注側は完成したシステムを発注側に納品します。このときに発行されるのが納品書です。

発注側は納品されたシステムを検収し、検収でOKが出れば受注側に検収書を発行します。検収とは、システム開発を発注した側(ユーザ)が、要求した機能や性能を満たしているかを検証し、納品の可否を判断する工程です。

検収にてOKをもらった受注側は、システム開発の請負代金を発注側に請求します。このときに発行されるのが請求書です。

したがって「納品書,検収書,請求書」の組合せが適切です。
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop