ITパスポート令和4年春期 問43

問43

図のアローダイアグラムにおいて,作業Bが2日遅れて完了した。そこで,予定どおりの期間で全ての作業を完了させるために,作業Dに要員を追加することにした。作業Dに当初20名が割り当てられているとき,作業Dに追加する要員は最少で何名必要か。ここで,要員の作業効率は一律である。
43.gif/image-size:477×245

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

まず設問のアローダイアグラムにおけるクリティカルパスを考えます。
A→C→D
5+5+10=20日
A→C→E→F
5+5+4+4=18日
B→D
10+10=20日
B→E→F
10+4+4=18日
以上より、クリティカルパスは「A→C→D」および「B→D」、最短所要日数は20日となります。

クリティカルパス上の作業Bが2日遅れたので、全体を20日で完了するためには作業Dを8日で終えなくてはなりません。もともとは、20人で10日掛かっていた作業を8日で完了させるために必要な要員数は以下のように求めることができます。

 10人×20日=200人月
 200人月÷8人=25人

作業Dに当初割り当てられていた要員数は20人なので、8日間で完了するために投入すべき人数は「20人×1.25=25人」です。したがって最少追加人数は「25−20=5名」となります。

【別解】
10人で行っていた作業を8人で同日数で完成させるためには、

 8×n=10
 n=1.25

より、1日当たり1.25倍の作業をこなす必要があります。要員の作業効率は一律なので単純に従前より1.25倍の要員が必要となります。

 20人×1.25=25人
 25人−20人=5人
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop