ITパスポート 平成22年春期 問99

【問97〜100は中問形式の出題です。中問Cの問題文を読んでから回答してください。】

問99

方針案1に沿って,強みを更に伸ばすための方策に関する記述として,適切なものはどれか。
  • 営業拠点数の影響を受けにくいインターネットによる通信販売システムを導入する。
  • 顧客の購買データを分析して,会員にきめの細かいサービスを提供するために,CRMシステムを構築する。
  • 商品の生産工程における安全管理を徹底するために,生産管理システムの刷新を図る。
  • 成人向けの健康菓子の企画に際して,各地域の人口分布に関する統計データを分析することを目的として,POSシステムを導入する。

分類

ストラテジ系

正解

解説

強みをさらに伸ばすための施策ですから、S社の持つ強み「競合他社よりも高い商品企画力」または「顧客の会員化によって顧客情報が集まり、富裕層の会員獲得にも成功」のどちらかをさらに伸ばす方策を選べばよいということになります。
  • (1)の弱みを補うための方策です。
  • 正しい。CPMを導入することでさらなる顧客満足度の向上を目指すことができ、販売力の強化つなげることができます。
  • (7)の外部の不安要素に対処することを目的とした方策です。
  • (4)の外部の需要分析をするための方策です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop