ITパスポート 平成23年秋期 問11

問11

電化製品などに組込みシステムを採用する利点として,適切なものはどれか。
  • PCとはソフトウェアの構造が異なり,ウイルス感染の危険性がない。
  • システム設計においてハードウェアの制約を受けない。
  • 製品の改良に当たって,ソフトウェアの変更だけで一定範囲の機能追加が可能となる。
  • フェールセーフを担保する環境が提供されており,システムごとの対策が不要である。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » IoTシステム・組込みシステム

正解

解説

組込みシステムとは、特定の機能を実現するために家電製品や機械等に組み込まれるコンピュータシステムのことです。
  • 携帯電話用OSを標的としたウィルスが問題になっているように、ウィルス感染の危険性はあります。
  • 形状が特殊であったり、サイズが特別に小さい製品などでは、汎用のハードウェアを内蔵することができないことがあり、その場合は専用のハードを新たに開発しなければならなくなります。
  • 正しい。組み込みシステムが登場する以前の電気・機械製品の制御は、主に電子回路や機械的なハードウェアによる直接的な機能によって実現していました。組み込みシステムでは、ソフトウェアの機能によって新しい複雑な機能を実現することができます。
  • 組込みシステムでは、リアルタイム制御を担保する環境が提供されます。フェールセーフは、リアルタイム制御によって実現します。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop