ITパスポート 平成23年秋期 問99

【問97〜100は中問形式の出題です。中問Cの問題文を読んでから回答してください。】

問99

Aさんは,〔店舗の課題と要望〕に関する施策をプロジェクト計画書にまとめるとき,それぞれの要望に因果関係があると考え,プロジェクト計画書ではそれらの因果関係を順序付けたシナリオとして記述することにした。プロジェクト計画書に(1)〜(3)を記述するとき,記述順として,適切なものはどれか。
 なお,(a)→(b)という記述は,(a)を解決することによって(b)の解決が促進されるという因果関係を表している。
  • (1)→(2)→(3)
  • (1)→(3)→(2)
  • (2)→(3)→(1)
  • (3)→(1)→(2)

分類

ストラテジ系

正解

解説

〔店舗の課題と要望〕(1)〜(3)を読むと、

最終的な目標がとなるのが
 (2)売上を上げるためには顧客の満足度を向上させたい

ということで、そのためには、
 (3)顧客からの質問に適切に回答したり、商品を推薦できる知識が必要である

社員の商品知識を高めるために、
 (1)アルバイト社員や新入社員に対して、教育を実施したい

という因果関係があることがわかります。

〔店舗の課題と要望〕に関する施策をプロジェクト計画書に記述されるシナリオは、
    (1)アルバイト社員や新入社員に対して、教育を実施する
  • (3)教育によって身に付けた知識で接客技術を向上させる
  • (2)向上した接客技術によって顧客満足度が向上し、売上が増加する
という因果関係を踏まえたものになります。

したがって正解は「(1)→(3)→(2)」ということになります。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop