ITパスポート 平成24年秋期 問19

問19

企業を,市場における競争上の地位によって,リーダ,チャレンジャ,フォロワ,ニッチャに分類したとき,チャレンジャの戦略の特徴として,最も適切なものはどれか。
  • 市場における自社の実力を見極め,リーダ企業に追従することによってシェアよりも安定的な利益確保を優先する。
  • 消費者へ新しい商品や使い方を提案し,市場規模の拡大を図るとともに品ぞろえを拡充しシェアを維持・拡大する。
  • 上位企業が狙わない特定市場を攻略する。限られた経営資源を集中し,その市場における優位性を確保・維持する。
  • リーダ企業がまだ強化していない地域や分野を攻略するなどの施策を採る。リーダ企業と対決することもあるが,下位企業のシェアを奪うこともある。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

ポジショニング戦略では、企業のポジショニングを競争上の地位(マーケットシェア)によって4つのタイプに分類し、それぞれの地位に応じた販売戦略を展開するという考え方です。

この4つのタイプが「リーダ」「チャレンジャ」「フォロワ」「ニッチャ」でそれぞれ次のような状態を表しています。
リーダ
市場においてナンバー1のシェアを誇る企業。
全方位での事業展開を基本方針とし、全顧客を対象とするフルラインナップでの囲い込みを目指すコスト・リーダー戦略が適しています。
チャレンジャ
リーダーに次ぐシェアを保持し、リーダーに競争をしかける企業。
製品やサービスなどのあらゆる面で徹底した差別化を図ることで、他企業からの売上・顧客を奪い、市場シェア拡大を目指す差別化戦略が適しています。
フォロワ
リーダやチャレンジャが形成した市場の需要を追う市場シェアが3,4番手以降の企業。
競合他社からの報復を招かないように注意しつつ、リーダ企業の製品を参考にして、コストダウンを図り、低価格で勝負するフォロワ戦略が適しています。
ニッチャ
小さいながらも特定の市場で、独自の地位を築いている企業。
規模は小さいが,潜在的な需要があるマーケットに照準を定め、その分野でトップを目指す集中型戦略(ニッチ戦略ともいわれる)が適しています。
  • フォロワの戦略を説明したものです。
  • リーダの戦略を説明したものです。
  • ニッチャの戦略を説明したものです。
  • 正しい。チャレンジャの採る差別化戦略を説明したものです。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop