ITパスポート 平成26年秋期 問98

【問97〜100は中問形式の出題です。中問Dの問題文を読んでから回答してください。】

問98

精算システムを導入しても,事務担当者が精査する現在の申請内容のうち,精査を廃止できないものはどれか。
  • 経費科目
  • 合計金額
  • 申請者名と社員番号
  • 明細の利用区間に対する金額

分類

ストラテジ系

正解

解説

申請画面の明細には以下の項目が含まれます。
  • 社員番号・申請者名
  • 顧客番号
  • 利用日
  • 利用区間と金額
またシステムでは以下の項目が自動設定されます。
  • 合計金額
  • 経費科目(交通費)
  • 伝票番号
  • 精算システムでは交通費を専門に扱うシステムです。経費科目には自動的に交通費が設定されるため問題ありません。
  • 入力された金額の合計をシステムが自動的に計算するため誤りは発生しません。
  • 入力された社員番号からシステムが自動的に申請者名を抽出するため誤りは発生しません。
  • 正しい。利用区間に対する金額は申請者が入力したものなので、内容が正確であるかを精査する必要があります。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop