ITパスポート 平成26年春期 問100

【問97〜100は中問形式の出題です。中問Dの問題文を読んでから回答してください。】

問100

Aさんは,ブランドMの販売管理システムの顧客テーブルに統合した顧客データの件数を,移行作業が正しく完了したことを判定する基準の一つに用いることにした。そこで移行作業前のそれぞれの販売管理システムを調査し,次の結果を得た。
移行作業後の顧客データは何件になるか。
  • ブランドSの顧客テーブルには,2,000件の顧客データが登録されている。
  • ブランドMの顧客テープルの顧客コードは0〜9までの数字で構成された6桁の文字列で,6桁目がチェックディジットである。現在,顧客コードの観点から登録可能なデータ件数の,5%が登録されている。
  • ブランドMの顧客テーブルに登録されている件数の10%はブランドSの顧客テーブルにも登録されているので,ブランドSの顧客テーブルからこの顧客データは移行しない。

分類

テクノロジ系

正解

解説

ブランドMの顧客データ数は、顧客コードに登録可能な件数の5%です。ブランドMの顧客コード6桁目のチェックディジットを除いた5桁の数字で 00,000〜99,999 の10万件のデータを登録することができるので、

 100,000×0.05=5,000

現在、5000件の顧客データが登録されていることになります。

さらにブランドMの顧客データの10%がブランドSの顧客データと重複しているので、

 5,000×0.1=500

ブランドSの顧客データのうち移行しない件数は500件とわかります。

移行作業ではブランドMの顧客データが5000件あるところに、ブランドSの顧客データのうち重複しないものを移行するので、

 5,000+(2,000−500)=6,500

統合後のデータ件数が6,500件であれば、移行作業が適切に完了したと判断できます。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop