ITパスポート 平成26年春期 問99

【問97〜100は中問形式の出題です。中問Dの問題文を読んでから回答してください。】

問99

移行プロジェクトで作成した図1に示す移行作業のアローダイアグラムに対して,Aさんは次の指摘を受けた。

〔Aさんが受けた指摘〕
  • M4の最後に移行作業の完了判定を行い,正しく完了しなかった場合,バックアップ媒体から移行作業前の状態に復旧して業務を継続する。この復旧作業には4.0時間を要する。
  • 復旧作業を合わせて,当初の作業時間内に収める必要がある。
 そこで,復旧作業の時間を確保するために,各作業の担当者にインタビューを実施し,対策案とその効果を検討した。表2に対策案1〜4に対する作業時間短縮効果を示す。次の記述中のb,cに入れる適切な組合せはどれか。

 復旧作業の時間を確保するための対策案の組合せは,bcである。
99.gif/image-size:443×154

分類

マネジメント系

正解

解説

復旧作業を当初の予定時間内に収めるためには、移行作業を4時間短縮する必要があります。

4時間の短縮を可能にする対策の組合せがどれであるかを検証するために、それぞれの対策の組合せを適用した場合のアローダイアグラムで再び最短所要時間を計算します。
  • 99_1.gif/image-size:406×195
    • [S1→S2→S4→M4]
       0.5+3+2+(M3の完了待ち)1.5+5=12
    • [M2→M3→M4]
       2.5+(M1の完了待ち)1.5+3+5=12
    短縮可能時間は2時間です。
  • 99_2.gif/image-size:406×195
    • [S1→S2→S4→M4]
       0.5+3+2+(M3の完了待ち)2+2.5=10
    • [S1→S2→S3→M3→M4]
       0.5+3+2+2+2.5=10
    • [M2→M3→M4]
       2.5+(M1,S3の完了待ち)3+2+2.5=10
    4時間の短縮が可能なので適切な組合せです。
  • 99_3.gif/image-size:406×195
    • [S1→S2→S4→M4]
       2+3+2+5=12
    • [M2→M3→M4]
       2.5+3+(S4の完了待ち)1.5+5=12
    短縮可能時間は2時間です。
  • 99_4.gif/image-size:406×195
    • [S1→S2→S4→M4]
       2+3+2+(M3の完了待ち)2+2.5=11.5
    • [S1→S2→S3→M3→M4]
       2+3+2+2+2.5=11.5
    • [M2→M3→M4]
       2.5+(M3の完了待ち)4.5+2+2.5=11.5
    短縮可能時間は2.5時間です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop