ITパスポート 平成29年秋期 問24

問24

営業担当者の情報リテラシを向上させるための研修内容として,最も適切なものはどれか。
  • 業務で扱われる営業実績データの構造を分析してデータベースの設計をする方法
  • 情報システムに保存されている過去の営業実績データを分析して業務に活用する方法
  • 販売システムの開発作業の進捗管理データを分析してプロジェクト管理標準を改善する方法
  • 販売システムの満足度を調査してシステム改善のロードマップを描く方法

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » システム活用促進・評価

正解

解説

情報リテラシとは、端的に言えば「情報を取り扱う能力」のことです。具体的にはPCを利用して情報の整理・蓄積や分析などを行ったり、インターネットなどを使って情報を収集・発信したりすることを能率的に成し遂げる力を指します。情報化社会においては、コンピュータの利用技術を持つか否かによって個人の可能性が大きく左右することから、情報リテラシやコンピュータリテラシなどが重要であるといわれています。

研修の対象となっている営業担当者は、業務でシステム開発やプロジェクトマネジメントを行う機会はほぼありません。したがって研修を行うならば営業活動に資する内容であることが重要です。この観点で見れば、営業データの分析を分析して業務に活用させる方法を教育する「イ」が最も適切とわかります。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop