ITパスポート 平成29年秋期 問27

問27

不適切な行為a〜dのうち,不正アクセス禁止法において規制される行為だけを全て挙げたものはどれか。

  1. Webサイトにアクセスしただけで直ちに有料会員として登録する仕組みを作り,利用者に料金を請求する。
  2. コンピュータのプログラムで様々な組合せのメールアドレスを生成し,それを宛先として商品の広告を発信する。
  3. 他人のクレジットカードから記録情報を読み取って偽造カードを作成し,不正に商品を購入する。
  4. 他人の利用者IDとパスワードを本人に無断で用いてインターネットショッピングのサイトにログインし,その人の購買履歴を閲覧する。

分類

ストラテジ系 » 法務 » セキュリティ関連法規

正解

解説

不正アクセス禁止法は、コンピュータネットワークに接続できる環境で、他人のID・パスワードの組を使用するなどして、本人の承諾なしに認証が必要なページに接続する行為、および、本人に許可なく第三者へIDとパスワードを教えるなどの助長行為の禁止を定めた法律です。
  1. 誤り。電子消費者契約法や刑法の詐欺罪で規制される行為です。
  2. 誤り。特定電子メール法で規制される行為です。
  3. 誤り。刑法の電子計算機使用詐欺罪で規制される行為です。
  4. 正しい。不正アクセス禁止法で規制される行為です。
該当する事例は「d」のみです。したがって「エ」が適切です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop