ITパスポート 平成29年秋期 問48

問48

システム開発プロジェクトにおいて,プロジェクトマネージャはプロジェクトメンバに対して,適切なコミュニケーションを取る必要がある。プロジェクトメンバとのコミュニケーションに関して考慮すべき事項として,適切なものはどれか。
  • 機密性を重視する場合はプロジェクトメンバを限定した会議を開催する,効率性を重視する場合は電子メールの同報機能を利用するなど,コミュニケーションする情報に応じて方法を選択すべきである。
  • 緊急性や機密性よりも効率性を重視し,常に電子メールや電子掲示板などのコミュニケーション方法を使用すべきである。
  • 公平性を維持するために,プロジェクト外部のステークホルダとプロジェクトメンバに対して常に同じ方法,同じ資料を用いてコミュニケーションを取る必要がある。
  • プロジェクトメンバに情報を発信する場合は,情報を受け取る義務がプロジェクトメンバにあるので,情報を受け取ったことを確認する必要はない。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

プロジェクトのコミュニケーション方法には、会議や電話などの双方向型、メールやFAXおよび報告書などのプッシュ型、電子掲示板やイントラネットへの掲載などのプル型、というように幾つかの種類があります。
プロジェクトマネージャには、それぞれのメリット・デメリットを把握し、用途に合わせた適切なコミュニケーション手段を選択する能力が求められます。
  • 正しい。
  • 場合によっては緊急性や機密性を重視して、関係者のみを集めた会議等を選択することもあります。
  • 伝達する相手と内容に応じたコミュニケーション手段を選択することが求められます。
  • 内容によっては情報が相手に伝わったことを確認する必要が出てきます。この場合はプッシュ型または双方向型のコミュニケーションの選択が望まれます。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop