ITパスポート 平成29年秋期 問62

問62

関係データベースのデータを正規化することによって得られる効果として,適切なものはどれか。
  • 異機種のコンピュータ間でのデータの互換性の確保
  • データ圧縮処理による格納効率の向上
  • データの重複や矛盾の排除
  • データを格納した装置の障害に備えたバックアップの省略

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

正規化とは、関係データベースを構築する際にデータの重複や矛盾を排除する目的で、 データ同士の関連を保ったまま表を分離していく作業です。正規化を行う主な目的は以下の3点です。
  1. データの冗長性(じょうちょうせい)の排除
  2. データの一貫性の確保と効率的なアクセスの実現
  3. 更新時に起きる異常や不整合を防止
したがって「ウ」が正解です。
62.gif/image-size:442×299
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop