ITパスポート 平成29年秋期 問83

問83

電子メールの受信プロトコルであり,電子メールをメールサーバに残したままで,メールサーバ上にフォルダを作成し管理できるものはどれか。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

IMAP(Internet Message Access Protocol)は、電子メールの管理をクライアントPC上のメールソフトではなくメールサーバ上で行うことで、複数の端末から利用する場合のメール状態の一元管理やメールの選択受信などの機能を実現したメール受信用プロトコルです。IMAP4はIMAPのバージョン4に当たります。

同じメール受信プロトコルであるPOPとの違いは次の3点です。
  • POPではメールサーバ上に未受信メールがあった場合、その全てを一斉に受信するしかなかったが、IMAPでは受信するメールを選択できる。
  • POPではメールソフトが受信したメールは、メールサーバ上から削除されるが、IMAPでは受信したメールがそのまま残る。(IMAPではメールデータをサーバ上に残し、クライアントPCにはコピーが渡される)
  • サーバ上でメールを管理するので、複数の端末でメールボックスを共有できる
設問の「電子メールの受信プロトコル」および「電子メールをメールサーバに残したまま」という記述からIMAP4と判断できます。したがって正解は「ア」です。
  • 正しい。
  • Multipurpose Internet Mail Extensionの略。ASCII文字しか使用できないSMTPを利用したメールで、日本語の2バイトコードや画像データを送信するための仕組みです。
  • Post Office Protocol 3の略。利用者側のメールソフトが、メールサーバからメールを取り出す処理において使用するメール受信用プロトコルです。POPで受信したメールは、メールサーバ上から削除されます。
  • Simple Mail Transfer Protocolの略。電子メールの送信または転送の際に使用されるプロトコルです。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop