ITパスポート 平成29年春期 問28

問28

リアルタイムで画像処理を行うシステムを開発するために,必要となるCPU単一の性能を調べたところ,現在販売されているCPUの32倍の性能が必要であることが分かった。販売されるCPUの性能が2年ごとに倍増するとしたとき,このシステムに必要なCPUが販売されるのは何年後か。

分類

ストラテジ系 » 法務 » セキュリティ関連法規

正解

解説

現状のCPU性能を1とすると、2年を重ねるごとにCPU性能は以下のように倍増していきます。
  • [2年後] 1×2=2(倍)
  • [4年後] 2×2=4(倍)
  • [6年後] 4×2=8(倍)
  • [8年後] 8×2=16(倍)
  • [10年後] 16×2=32(倍)
したがって32倍に達するのは10年後になります。ちなみにこのケースにおけるn年後のCPU性能は「2n/2」の式で表せます。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop