ITパスポート 平成29年春期 問43

問43

プロジェクトのスコープにはプロジェクトの成果物の範囲を表す成果物スコープと,プロジェクトの作業の範囲を表すプロジェクトスコープがある。受注したシステム開発のプロジェクトを推進中に発生した事象a〜cのうち,プロジェクトスコープに影響が及ぶものだけを全て挙げたものはどれか。

  1. 開発する機能要件の追加
  2. 担当するシステムエンジニアの交代
  3. 文書化する操作マニュアルの追加

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

スコープ(Scope)とは、プロジェクトの実施範囲を示します。プロジェクトスコープは、プロジェクトの作業の範囲を表すので、作業範囲に変更があるかどうかという観点で各事象を判断します。
  1. 正しい。追加開発に伴い、設計、実装、テストなどの作業が必要になるのでプロジェクトスコープに影響を与えます。
  2. 誤り。担当者が交代しても作業内容自体は変わりません。
  3. 正しい。成果物スコープに影響を与えると同時に、操作マニュアル作成作業が追加されるので、プロジェクトスコープにも影響を与えます。
適切な組合せは「a,c」なので「イ」が正解です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop