ITパスポート 平成29年春期 問48

問48

プロジェクトで実施する作業の順序設定に関して,次の記述中のa,bに入れる宇句の適切な組合せはどれか。

成果物を作成するための作業を,管理しやすい単位にaによって要素分解し,それらの順序関係をbによって表示する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

選択肢の4つの図法はそれぞれ次の特徴を持ちます。
WBS
プロジェクト目標を達成し、必要な成果物を過不足なく作成するために、プロジェクトチームが実行すべき作業を、成果物を主体に階層的に要素分解したもの。
ガントチャート
棒グラフの一種で予定と実績を2本の横棒で表した図。作業同士の前後関係や作業の優先度を表現できないが、計画と実績の差異を視覚的に把握することができるので進捗管理に用いられる。
アローダイアグラム
個々の作業を矢印で表し、作業間の関連性や順序関係を視覚的に表現する図。作業間の前後関係や重要作業の把握に適しており、プロジェクトの作業計画などに利用される。
パレート図
値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を識別するために使用される。
aについては作業の要素分解という言葉でWBSとわかります。またbは作業の順序関係を表すという言葉でアローダイアグラムとわかります。したがって「ア」が正しい組合せです。
48a.gif/image-size:476×294
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop