ITパスポート 平成29年春期 問47

問47

あるシステム開発プロジェクトでは,システムを構成する一部のプログラムが複雑で,そのプログラムの作成には高度なスキルを保有する特定の要員を確保する必要があった。そこで,そのプログラムの開発の遅延に備えるために,リスク対策を検討することにした。リスク対策を,回避,軽減,受容,転嫁に分類するとき,軽減に該当するものはどれか。
  • 高度なスキルを保有する要員が確保できない可能性は低いと考え,特別な対策は採らない。
  • スキルはやや不足しているが,複雑なプログラムの開発が可能な代替要員を参画させ,大きな遅延にならないようにする。
  • 複雑なプログラムの開発を外部委託し,期日までに成果物を納品する契約を締結する。
  • 複雑なプログラムの代わりに,簡易なプログラムを組み合わせるように変更し,高度なスキルを保有していない要員でも開発できるようにする。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

マイナスのリスクへの対応には回避、軽減、受容、転嫁があり、それぞれ次のような戦略です。
回避
脅威を完全に取り除き、リスクを排除する
軽減
発生確率または発生した際の損害額、あるいはその両方を小さくする
受容
損害額と対策費用を勘案し、あえて何の対処もとらない
転嫁
リスクの影響と責任を第三者に移管する
選択肢のケースを4つの戦略に分類すると以下のようになります。
  • リスクに対してあえて何の対処もとらない対応は受容に該当します。
  • 正しい。軽減に該当します。
  • 開発を外部委託することで、他者にリスクを移転しているため転嫁に該当します。
  • リスク源である複雑なプログラムを排除しているため回避に該当します。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop