ITパスポート 平成29年春期 問46

問46

システム監査に当たるものはどれか。
  • 監査対象の情報システムの運用管理者が行う,日常点検
  • 監査対象の情報システムの運用担当者が行う,自己点検
  • 監査対象の情報システムの利用者が行う,満足度評価
  • 内部監査の担当部署が行う,監査対象の情報システムの評価

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

システム監査は、組織体の情報システムのリスクに対するコントロールがリスクアセスメントに基づいて適切に整備・運用されているかを、独立かつ専門的な立場のシステム監査人が検証または評価することです。
システム監査を行う者は、システム監査を客観的に実施するために、監査対象から身分上および精神上独立していなければなりません。このケースでは監査対象が情報システムなので、日頃から情報システムに携わる立場の人間はシステム監査人としてふさわしくありません。この点から選択肢の事例を検証すると、「エ」だけがシステム監査に当たるとわかります。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop