ITパスポート 平成29年春期 問45

問45

プロジェクト管理の手法を適用するケースとして,最も適切なものはどれか。
  • コンピュータシステムの定常的なオペレーションに適用する。
  • システム開発業務を外部委託する場合に,料金設定の基準として適用する。
  • システム開発部の職制を構成する場合に,フレームワークとして適用する。
  • チームを編成して,システムを構築するときに適用する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

プロジェクトとは、独自の製品、サービス、所産を生み出すために実行される、定常業務ではない一度限りの活動です。定常業務と異なり、プロジェクトには「有期性」「独自性」という2つの要件があります。
有期性
実施期間が決まっていて、始まりと終わりが明確に定義できる
独自性
創造されるもの、あるいは達成目標がプロジェクトごとに固有なこと
プロジェクト管理の適用対象は、プロジェクトである必要があるため上記の2つの要件を満たしているかがポイントになります。
  • 定常業務なのでプロジェクトではありません。
  • 有期性と独自性がないためプロジェクトではありません。
  • 有期性と独自性がないためプロジェクトではありません。
  • 正しい。システム開発では前回と同じものは存在せず、始まりと終わりが明確であるためプロジェクト管理の対象として適切です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop