ITパスポート 平成29年春期 問99

問99

文書をAさんからBさんに送るとき,公開鍵暗号方式を用いた暗号化とディジタル署名によって,セキュリティを確保したい。このとき,Aさんの公開鍵が使われる場面はどれか。
  • Aさんが送る文書の暗号化
  • Aさんが送る文書へのディジタル署名の付与
  • Bさんが受け取った文書に付与されたディジタル署名の検証
  • Bさんが受け取った文書の復号

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

Aさんの公開鍵が使われる場面は次の2つです。
  1. Bさんが、Aさんに送るデータを暗号化するとき
  2. Bさんが、Aから受信したデータに付されているディジタル署名を検証するとき
Aさんの公開鍵を使用するのは"常にAさんではない"ということがポイントです。
  • AさんからBさんへ送るデータの暗号化は"Bさんの公開鍵"で行われます。
  • Aさんからの送信データに付与するディジタル署名は、"Aさんの秘密鍵"を使用して作成します。
  • 正しい。Bさんはディジタル署名をAさんの公開鍵で復号し、それを本文のメッセージダイジェストと照合することで改ざんの有無を確認します。
  • Bさんが"自身のもつ秘密鍵"で復号します。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop