ITパスポート 平成30年秋期 問34

問34

営業部門の組織力強化や営業活動の効率化を実現するために導入する情報システムとして,適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営管理システム

正解

解説

SFA(Sales Force Automatio)は、営業活動にモバイル技術やインターネット技術といったICTを活用して、営業の質と効率を高め売上や利益の増加につなげようとする仕組みです。
この仕組みを有する情報システムをSFAシステム(営業支援システム)といいます。SFAシステムには、営業日報の管理に加えて商談管理機能(コンタクト管理、行動管理、評価・実績管理)もあり、営業担当者個人の支援に加えて、営業グループ内での情報共有を促進するなどの営業活動全体を支援する機能を備えています。

したがって「エ」が適切です。
  • Material Requirements Planningの略。部品表と生産計画をもとに必要な資材の所要量を求め、これを基準に在庫、発注、納入の管理を支援するシステムです。
  • Point Of Saleの略。販売した情報を単品ごとにリアルタイムで情報システムに取り込む販売店の管理方法です。
  • Supply Chain Managementの略。原材料の調達から生産、物流、販売に関する一連の情報を、企業内や企業間で共有・管理することで,ビジネスプロセスの全体最適を目指す経営手法です。
  • 正しい。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop