ITパスポート 平成30年秋期 問36

問36

プロジェクトにおけるスコープの変更に該当するものとして,最も適切なものはどれか。
  • プロジェクトで利用する開発場所の変更
  • プロジェクトに参画する開発メンバの追加
  • プロジェクトの一部の作業の外注先の変更
  • プロジェクトの作業に,顧客が行う運用テストの支援を追加

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

スコープ(scope)とは、範囲という意味で、プロジェクトマネジメントにおけるスコープは、そのプロジェクトにおいて「何を」「どこまで」という実施範囲を示します。

スコープには、プロジェクトで作成する成果物と実施する作業が過不足なく含まれます。このため成果物や作業が増減すると、それに伴いスコープも変更されます。選択肢のうち作業等の追加となるのは「エ」だけなので、これが正解となります。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop