ITパスポート 平成30年秋期 問38

問38

プロジェクトマネジメントの知識エリアには,プロジェクトコストマネジメント,プロジェクト人的資源マネジメント,プロジェクトタイムマネジメント,プロジェクト品質マネジメントなどがある。システム開発のプロジェクト品質マネジメントにおいて,成果物の品質を定量的に分析するための活動として,適切なものはどれか。
  • 完成した成果物の数量を基に進捗率を算出して予定の進捗率と比較する。
  • 設計書を作成するメンバに必要なスキルを明確にする。
  • テストで摘出する不良件数の実績値と目標値を比較する。
  • プログラムの規模や生産性などを考慮して開発費用を見積もる。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

プロジェクト品質マネジメントは、プロジェクトが取り組むニーズを満足させることを目的として、品質方針、目標、責任を定め、それらを達成するために必要なプロセスを実施していく知識エリアです。品質マネジメントの活動を大きく分けると、品質計画、品質保証、品質管理の3つになります。
  • プロジェクトタイムマネジメントの活動です。
  • プロジェクト人的資源マネジメントの活動です。
  • 正しい。プロジェクト品質マネジメントで実施する品質保証活動です。
    品質保証は、品質の要求事項と実績値を比較し、適切な品質水準になっているかどうかを監査する活動です。
  • プロジェクトコストマネジメントの活動です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop