ITパスポート 平成30年秋期 問39

問39

自社開発して長年使用しているソフトウェアがあるが,ドキュメントが不十分で保守性が良くない。保守のためのドキュメントを作成するために,既存のソフトウェアのプログラムを解析した。この手法を何というか。
  • ウォータフォールモデル
  • スパイラルモデル
  • プロトタイピング
  • リバースエンジニアリング

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

リバースエンジニアリングは、既存ソフトウェアに対して、動作を解析するなどして製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図、ソースコードなどの仕様を導き出す技術です。自社製品の保守及びセキュリティ強化などの目的で実施されるほか、他社製品の技術仕様を明らかにする目的でも行われます。

したがって「エ」が適切です。
  • ウォータフォールモデルは、開発プロジェクトを時系列に、「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計」「プログラム設計」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)に分割して開発を進める開発モデルです。
    39a.gif/image-size:444×60
  • スパイラルモデルは、開発の初期段階でシステムを複数の独立性の高いサブシステムに分割し、そのサブシステムごとに設計〜テストまでの一連のサイクルを繰り返しながらシステムを構築していく開発モデルです。
    39i.gif/image-size:253×79
  • プロトタイピングは、開発の初期段階から試作品(プロトタイプ)を作り、利用者の確認を得ながら開発を進めていく手法です。試作品を作ることでシステムについての認識の相違を早い段階で発見できるため、下流工程での手戻りの可能性を少なくできます。
    39u.gif/image-size:507×60
  • 正しい。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop