ITパスポート 平成30年秋期 問44

問44

プログラムのテスト手法に関して,次の記述中のa,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

プログラムの内部構造に着目してテストケースを作成する技法をaと呼び,bにおいて活用される。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

この問で登場するブラックボックステストとホワイトボックステストの違いについて確認しておきましょう。
ブラックボックステスト
システムへの入力とそれに対して得られる出力だけに着目して、様々な入力に対して仕様書どおりの出力が得られるかどうかを検証していくテストで、主にシステムテストで用いられる。システムの内部構造を考えずに検証を行うのでブラックボックステストと呼ばれている。
ホワイトボックステスト
プログラムやモジュールの単体テストとして実施されるテスト手法で、内部構造に基づき仕様書どおりに動作するかを検証するために実施される。内部構造が明らかな状態でテストを行うことからホワイトボックステストと呼ばれている。
設問の記述に「プログラムの内部構造に着目して」とあるのでaにはホワイトボックステストが入ります。また、ホワイトボックステストは主に単体テストで用いられる手法ですのでbには単体テストが入ります。

したがって「エ」の組合せが適切です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop