ITパスポート 平成30年秋期 問49

問49

インシデント管理の目的について説明したものはどれか。
  • ITサービスで利用する新しいソフトウェアを稼働環境へ移行するための作業を確実に行う。
  • ITサービスに関する変更要求に基づいて発生する一連の作業を管理する。
  • ITサービスを阻害する要因が発生したときに,ITサービスを一刻も早く復旧させて,ビジネスへの影響をできるだけ小さくする。
  • ITサービスを提供するために必要な要素とその組合せの情報を管理する。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスサポート

正解

解説

インシデント管理は、システムの異常終了や構成機器の障害発生といったサービスの中断やサービス品質の低下につながるような事象が発生した時に、サービスの中断時間を最小限に抑えて速やかに回復することを目指すプロセスです。インシデントの解決とサービスの速やかな復旧を目的とします。

したがって「ウ」が適切です。
  • 変更管理の目的です。
  • リリース管理及び展開管理の目的です。
  • 正しい。インシデント管理の目的です。
  • 構成管理の目的です。
なお、JIS Q 20000-1(サービスマネジメントシステム要求事項)では、サービスマネジメントプロセスを次のように分類しています。
49.gif/image-size:479×302
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop