ITパスポート 平成30年秋期 問50

問50

プロジェクトリスクマネジメントは,リスクの特定,リスクの分析,リスクのコントロールという流れで行う。リスクの特定を行うために,プロジェクトに影響を与えると想定されるリスクを洗い出す方法として,適切なものはどれか。
  • 許容できる管理限界を設定し,上限と下限を逸脱する事象を特定する。
  • デシジョンツリーダイアグラムを作成する。
  • 発生確率と影響度のマトリクスを作成する。
  • ブレーンストーミングを関係者で行う。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

ブレーンストーミングは、様々なアイディアを幅広く集めるために行われる討議方法です。通常の討議とは少し変わっており、参加者が遠慮せずにいろいろな意見を発言できるように、批判の禁止・自由奔放・質より量・結合・便乗歓迎というルールに則って行われます。

プロジェクトリスクマネジメントのリスク特定では発見・認識したリスクをリスク一覧表(リスク登録簿)として文書化しますが、この際、多くのリスクを見つけるための情報収集技法として、ブレーンストーミングが使用されることがあります(PMBOKにも記載されています)。

したがって「エ」が適切です。
  • リスクコントロールの方法である管理図の説明です。
    50a.gif/image-size:420×223
  • リスク分析の方法です。デシジョンツリー分析は、意思決定の各段階の選択肢を樹木構造で示した図に基づいて、最適な結果を得るための経路を分析する手法です。数値をもとに最適な意思決定を探るため定量的リスク分析で用いられます。
    50i.gif/image-size:370×204
  • リスク分析の方法です。発生確率・影響度マトリックスは、各リスクの発生確率と影響度の度合いをそれぞれ「高」「中」「低」などの定性的な言葉、又は0.1〜0.9までの一般的な尺度で表し、それらの組合せで表現されるマトリクス上に各リスクを分類してリスクレベルを判定する手法です。
    50u.gif/image-size:436×238
  • 正しい。リスク特定で使用される方法です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop