ITパスポート 平成30年秋期 問51

問51

メールサービスにおけるITサービスマネジメントの可用性の要件に関する事例として,適切なものはどれか。
  • Webブラウザだけでメールサービスを使用できるようにする。
  • 定められたメンテナンス時間以外はいつでもメールサービスを使用できるようにする。
  • 自分宛てのメールを他人が勝手に読むことができないようにする。
  • 送信したメールが改ざんされてしまうことがないようにする。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスサポート

正解

解説

可用性(Availability)とは、サービスが正常に提供され続けることを示す度合いであり、利用者の要求に対してどの程度にサービスが利用可能であるかを表します。可用性の指標として稼働率があります。

可用性の要件としては、"サービスを利用可能な時間帯"や"期間内の許容停止時間"及び"計画停止の予定"などのサービスの利用可能性に関する事項が定められます。

したがって「イ」が可用性の要件に該当します。
  • 使用性の要件です。
  • 正しい。可用性の要件です。
  • 機密性の要件です。
  • 完全性の要件です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop