ITパスポート 平成30年秋期 問52

問52

プロジェクトマネジメントの活動には,プロジェクトタイムマネジメント,プロジェクトコストマネジメント,プロジェクト人的資源マネジメントなどがあり,これらの調整を行うプロジェクト統合マネジメントがある。システム開発プロジェクトにおいて,納期の前倒しを決定した場合のプロジェクト統合マネジメントの活動として,適切なものはどれか。
  • クリティカルパスの期間を短縮するために,作業順序の変更を検討する。
  • スケジュールを短縮するための増員,費用,短縮可能回数などを比較検討する。
  • スケジュールを短縮する場合の費用への影響を見積もる。
  • 要員の投入時期を見直して要員計画を変更する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

プロジェクト統合マネジメントは、プロジェクトマネジメント活動の各種プロセスグループを統合的に管理、調整する目的をもつPMBOKの知識エリアの1つです。プロジェクト統合マネジメントはプロジェクト作業全体を監視しコントロールする役割を担います。

納期の前倒しが決定されるとプロジェクトの計画値が変わるので、プロジェクト統合マネジメントにおいて計画値と実績値の比較が行われます。この比較の結果、現状のままでは納期を達成できないことが明らかになった場合、プロジェクトを計画通りに完了させるための変更が検討され、変更要求が提出されます。提出された変更要求はレビュー及び承認され、(タイム、コスト、人的資源などの)各マネジメント計画書に反映されます。
  • プロジェクトタイムマネジメントの活動です。
  • 正しい。プロジェクト統合マネジメントの活動です。
  • プロジェクトコストマネジメントの活動です。
  • プロジェクト人的資源マネジメントの活動です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop