ITパスポート 平成30年秋期 問53

問53

情報システム部がシステム開発を行い,品質保証部が成果物の品質を評価する企業がある。システム開発の進捗は管理部が把握し,コストの実績は情報システム部から経理部へ報告する。現在,親会社向けの業務システムの開発を行っているが,親会社からの指示でシステム開発業務に対するシステム監査を実施することになり,社内からシステム監査人を選任することになった。システム監査人として,最も適切な者は誰か。
  • 監査経験がある開発プロジェクトチームの担当者
  • 監査経験がある経理部の担当者
  • 業務システムの品質を評価する品質保証部の担当者
  • システム開発業務を熟知している情報システム部の責任者

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

システム監査人は、公正な判断を行えるように、監査対象の領域又は活動から、独立かつ客観的な立場で監査が実施されているという外観に十分に配慮しなければなりません。

本問では監査対象が「システム開発業務」ですので、この業務に携わっている人は監査人としての適正さを欠きます。よって、4人の中で唯一システム開発業務にかかわりのない経理部の担当者がシステム監査人として適切です。
  • システム開発業務の当事者ですので論外です。
  • 正しい。
  • 評価する立場としてシステム開発業務に係っているので不適切です。
  • 情報システム部の長としてシステム開発業務を統制・管理する立場にいるので不適切です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop