ITパスポート 平成30年秋期 問55

問55

ある食品メーカでは,食品業界で示された安全基準にのっとって業務を行っている。安全基準の改定があったので,社内の基準も対応して改定した。これは内部統制の四つの目的のうち,どれに該当するか。
  • 業務の有効性と効率性
  • 財務報告の信頼性
  • 事業活動に関わる法令等の遵守
  • 資産の保全

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

内部統制とは、業務の有効性及び効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守並びに資産の保全の4つの目的を達成するために業務に組み込まれているプロセスのことをいいます。

4つの目的の要旨は次の通りです。
業務の有効性及び効率性
事業活動の目的の達成のため、業務の有効性及び効率性を高めること
財務報告の信頼性
財務諸表及び財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性のある情報の信頼性を確保すること
事業活動に関わる法令等の遵守
事業活動に関わる法令その他の規範の遵守を促進すること
資産の保全
資産の取得、使用及び処分が正当な手続及び承認の下に行われるよう、資産の保全を図ること
設問の事例では、業界の安全基準を遵守するために社内基準を変更しています。法令、基準等、自社内外の行動規範を合わせた適切な法令順守体制を整備することは、内部統制における「事業活動に関わる法令等の遵守」に該当します。したがって「ウ」が正解です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop