ITパスポート 平成30年春期 問19

問19

前期と当期の損益計算書を比較したとき,前期から当期における変化の説明として,適切なものはどれか。
19.gif/image-size:288×181
  • 売上総利益が1,500百万円増となった。
  • 営業利益が50%増となった。
  • 経常利益が2倍となった。
  • 当期純利益は増減しなかった。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

  • 売上総利益は「売上高−売上原価」で求めます。

    [前期] 7,500−6,000=1,500(百万円)
    [当期] 9,000−7,000=2,000(百万円)

    前期からの増減は(2,000-1,500=)500百万円の増加です。
  • 営業利益は「売上総利益−販売費及び一般管理費」で求めます。

    [前期] 1,500−1,000=500(百万円)
    [当期] 2,000−1,000=1,000(百万円)

    前期からの増減は(1,000-500=)500百万円の増加、前期比(500÷500=1=)100%増です。
  • 正しい。
    経常利益は「営業利益+営業外収益−営業外費用」で求めます。

    [前期] 500+160−110=550(百万円)
    [当期] 1,000+150−50=1,100(百万円)

    前期比は(1,100÷550=)2倍です。
  • 当期純利益は「経常利益+特別利益−特別損失−法人税等」で求めます。

    [前期] 550+10−10−250=300(百万円)
    [当期] 1,100+0−0−500=600(百万円)

    当期純利益は前期の2倍になっています。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop