ITパスポート 平成30年春期 問20

問20

ブレーンストーミングの進め方のうち,適切なものはどれか。
  • 自由奔放なアイディアは控え,実現可能なアイディアの提出を求める。
  • 他のメンバの案に便乗した改善案が出ても,とがめずに進める。
  • メンバから出される意見の中で,テーマに適したものを選択しながら進める。
  • 量よりも質の高いアイディアを追求するために,アイディアの批判を奨励する。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

ブレーンストーミング(Brainstorming)は、様々なアイディアを幅広く集めることを主目的として行われる討議方法です。一般的な討議とは少し変わっており、参加者が遠慮せずにいろいろな意見を発言できるように、批判の禁止・自由奔放・質より量、結合・便乗歓迎というルールに則って行われます。
  • 質より量のルールに則っていないため不適切です。
  • 正しい。便乗歓迎の原則に則った適切な進め方です。
  • ただの雑談の場とならないように努める必要はありますが、議題の軸から派生した意見も歓迎するなど自由奔放な討議にする必要があります。
  • ブレーンストーミングではアイディアに対する批判は禁止されるので不適切です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop