ITパスポート平成30年春期 問21

問21

不正アクセス禁止法に関して,次の記述中のa,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

 不正アクセス禁止法で規制されている不正アクセス行為とは,ネットワークを通じて無断でaを使い,コンピュータにアクセスする行為などのことである。他にも,無断でbという行為も規制されている。

分類

ストラテジ系 » 法務 » セキュリティ関連法規

正解

解説

不正アクセス禁止法は、コンピュータネットワークに接続できる環境で、本人に許可なく他人のID・パスワードを使って認証が必要なページに接続する行為、および、本人に許可なく第三者にIDとパスワードを教えるなどの助長行為の禁止を定めた法律です。

したがってaには「他人の認証情報」、bには「第三者に他人の認証情報を教える」が入ります。よって「ア」の組合せが正解です。

なお、ウイルスなどの不正プログラムを正当な理由なく作成、提供、供用する行為は、刑法168条の2及び168条の3の「不正指令電磁的記録に関する罪」(通常、ウイルス作成罪)による処罰の対象になります。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop