ITパスポート 平成30年春期 問76

問76

メモリに関する説明のうち,適切なものはどれか。
  • DRAMは,定期的に再書込みを行う必要があり,主に主記憶に使われる。
  • ROMは,アクセス速度が速いので,キャッシュメモリなどに使われる。
  • SRAMは,不揮発性メモリであり,USBメモリとして使われる。
  • フラッシュメモリは,製造時にプログラムやデータが書き込まれ,利用者が内容を変更することはできない。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

  • 正しい。DRAM(Dynamic Random Access Memory)は、コンデンサに電荷を蓄えることにより情報を記憶し、電源供給が無くなると記憶情報も失われる揮発性メモリです。集積度を上げることが比較的簡単にできるためコンピュータの主記憶装置のメモリとして使用されます。
    DRAMでデータを記憶しているコンデンサは、時間がたつと電荷を放電しデータが消えてしまいます。DRAMでは消えかけた電荷をコンデンサに充電する「リフレッシュ動作」を常に一定間隔で行うことでデータの保持をしています。
  • ROM(Read Only Memory)は、読み取り専用のメモリなので、データの書き換えが発生する用途には使用できません。
  • SRAM(Static RAM)は、コンピュータのキャッシュメモリに使用されています。電源供給が無くなると記憶情報も失われる揮発性メモリなので、データ保管を目的とするUSBメモリには適しません。
  • フラッシュメモリは、電気的にその内容を書き換えできる不揮発性メモリです。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop