ITパスポート 平成30年春期 問77

問77

4台のHDDを使い,障害に備えるために,1台分の容量をパリティ情報の記録に使用するRAID5を構成する。1台のHDDの容量が500Gバイトのとき,実効データ容量はおよそ何バイトか。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は、複数台のディスク装置を組み合わせ、1つの仮想的なディスクとして扱うことで信頼性や性能を向上させる技術です。

RAIDには幾つかのレベルがありますが、このうちRAID5は「情報データともにパリティという誤り訂正符号を付加したものを複数のディスクに分散して書き込む方式」で、耐障害性、アクセスの高速化、大容量化のすべてを得ることができます。
77.gif/image-size:307×160
本問では、4台のHDDを使い、そのうち1台分の容量をパリティに使用するとあるため、実効データ容量は「HDD3台分」ということになります。HDD1台あたりの容量は500Gバイトですので、

 500Gバイト×3台=1,500Gバイト=1.5Tバイト

したがって「ウ」が正解です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop